子供たちの可能性は無限。
そんな子供たちの素質を開花させることが、
私たちの使命です。

「もっとわかるように教えてほしい」
「もっとわかり易く教えてほしい」
・・・子供たちからの、こんな要望を耳にしたことはおありでしょうか。

いくら人名や年号を暗記しても、
それで歴史がわかったことにはなりません。
根の解法を使って答えが出せても、
それだけでは二次方程式を理解したことにはならないのです。
つまり「解答できる」ということと「理解する」ということは、
まったく違うことだと言えるでしょう。
ことの本質を把握し、深く理解したというわかり方は、
子供たちの心の中に、納得できた喜びと共に、更なる知的欲求を発芽させるのです。

私は、すべての子供はその将来に於て、
大いなる夢を含んだ「発達の可能態」だと考えています。
ただし、そこには適切な教育的配慮が不可欠です。
子供の発達が教育を規定し、また、教育はつねに発達に先行しながら、
学習教材を媒介として発達を積極的に支援する関係が創れないと、
子供たちの知的欲求を満足させることはできません。
子供たちの発達段階に応じた適切な教材と適切な指導があってこそ、
また、そんな理想的な学習環境が将来にわたって整えられたとき、
はじめて子供たちの可能性は現実のものとなり、
社会の重責を担う力ともなり得るのです。

子供は人類の宝であり、教育が社会を発展させる
私はそんな信念と独自のノウハウに基づいて、
サカモトセミナーを展開しています。

サカモトセミナー塾長   教育学博士   「小学生の超算数法」著者

坂元 英雄

坂元 英雄 プロフィール
1943年大阪府生まれ。
1972年家庭教師グループ「阪大有志会」を設立、その代表として運営にあたる。
その後、文章題の画期的な解法「サカモト式算数」を開発。
83年中学受験専門塾「サカモトセミナー」を設立して代表取締役塾長に就任。
87年「サカモト式算数教育研究会」を設立、理事長としてその普及に努める。
89年「SAKAMOTO Educational Systems Australia PTY LTD」を設立しオーストラリアで算数教育を開始。
94年には「SAKAMOTO Educational Systems Singapore PTE LTD」を設立、受験大国シンガポールでも算数教育を行っている。


 どんな高級車でも、目的に至る定められた一つのレール上を規則正しく走らねば、目的地には着きません。たとえば、新幹線で東京に行くとします。大阪を出発し、京都、名古屋を経ずして東京には到着しません。算数の学習も全く同様で、市販されている教材はそれぞれの停車駅についての説明をしているに過ぎず、どう乗り継げば最も効率よく到着するか、までは説明してはいないのです。

つまり、一般の参考書に頼る勉強法は、目的地へのはっきりした航路もわからず、ただひたすらに大海で艪をこぐようなもので、疲れてしまい、かえって算数が難しいものと思い込んで嫌になってしまいます。

 「サカモト式算数」とは、その「最短距離の航路」と「艪のこぎ方」をわかりやすく体系化したものです。

詳しくは「小学生の超算数法」坂元英雄著(塾長)(全国有名書店にて販売)を御購読ください。




会社名 株式会社 サカモトセミナー
代表者取締役 坂元 英雄
住   所 大阪市中央区上汐1丁目4-6 冨士ビル5階
電   話 06-6768-1167
F A X 06-6763-3806
m a i l

昭和47年 阪大生・阪大卒生・阪大院生を中心とした、家庭教師グループ「阪大有志会」を設立。
昭和50年 中学受験専門「進学特訓塾」を併設。
昭和55年 少数英才進学塾「サカモトセミナー」と名称変更。
昭和58年 有限会社「サカモトセミナー」を法人化する。
昭和62年 「サカモト式算数教育研究会」設立。
平成 元年 現地法人「Sakamoto Educational Systems Australia PTY Limited」設立。
平成 3年 現地法人「Singapore PTE Limited」設立。
平成16年 株式会社「サカモトセミナー」法人化。